消費している感覚が鈍るのでは

電子マネーは消費している感覚が鈍るから危険ではないかという考え方があります。

これは、かなり的を射ている考えで、クレジット機能をもっているようなタイプの電子マネーはこの危険性はかなりあるといっていいでしょう。ただ、これも使い方によるといったことがいえます。

額面を見ないで買物をするような使い方をしてしまっては、電子マネーであれ、クレジットカードであれ、どのようなものでも危険といったことがいえます。しっかりと、自分の買物の額を確認して利用をすれば、どんなものであれ同じともいえるでしょう。ようは使い方ひとつといえるのかもしれません。

現金での買物の場合は必ず現金が減っているという実感を伴うので、この心配がないというのですが、これも、自分が財布を持って払うことが前提のことです。

これにしても、奥さんに財布を持たせているような場合などは、まったく現金が減ることを実感することがありませんので、この危険性がともなうことになります。ですから、電子マネーだからというよりは、使い方によってこの危険性があるとういことがいえるのでしょう。

人のあらゆる消費活動には、金銭の移動がともないますから、この金銭の移動が瞬間的に出来る電子マネーというの画期的な発明ともいえます。これによって、人は多くの時間を獲得したといってもいいかもしれません。

お金を財布から出して、お釣りを受け取るというのはかなり時間のかかることです。これはスーパーやコンビニなどでレジに多くの人が行列をつくっているのを見ればわかるでしょう。これらの人が電子マネーを使えば、これらの行列は一瞬でなくなってしまいます。

ですが、全てを電子マネーとしてしまえば、上記のようなリスクもでてきますので、どこまでのリスクをとるのかは、個人に任せるしかないといえるでしょう。利便性をとるのか、リスクを避けるのかは個人の判断であって強制されるべきものではないといえるでしょう。