電子マネーもお金だ

電子マネーもお金の一種として扱われる事が多いですが、基本的には貨幣とは区別されます。
日本に限ったことではありませんが、貨幣を勝手に発行することはできません。法律によってこれは禁じられていますから、電子マネーと言っても一般的な通貨とは異なって、貨幣として扱う事はできないのです。

とは言っても、使う側にしてみれば、お金を一時的に別の形で保管しているのと同じように扱う事ができますから、電子マネーもお金の一種だと思って使っていても問題はありません。日本ではかなり普及しているのですが、これにはいくつかの理由があります。

その一つとして規制のゆるいことが挙げられます。電子マネーは、貨幣としては扱われないものの、貨幣と同じように用いることができますから、多くの先進国では厳しい規制があります。
例えば、銀行でないとサービスを提供できないなどの規制のある国もあります。日本はそうではなくて、比較的規制はゆるいですから、この面では普及しやすい地盤はありました。

もう一つはクレジットカードのネガティブなイメージです。クレジットカード=借金というイメージを持つ人も多く、日本では悪いイメージを持つ人も多いのです。多くの先進国ではクレジットカードを普通に使うことができますから、電子マネーがなくてもクレジットカード決済を行うことで容易に決済を行うことができるようになっています。
ですから、クレジットカードがあれば、電子マネーがなくても不便を感じる事はないのです。

日本では、クレジットカードに対するネガティブなイメージが先行していますから、プリペイド式で利用できる金額を制限できる電子マネーが普及したと考えられます。
また、利用できる端末が普及したことも大きく影響していると言えるでしょう。海外では使う事のできる端末が少ないのに対して、日本国内では端末が多くあり、また加盟店も多くあるために利用しやすい状況になっているのです。