オートチャージで足りないからがないのは

電子マネーは、基本的にはプリペイド式になっていて、先にチャージをすれば、その分だけ使うことができるようになっています。
もしも残高が不足していれば使うことができません。残高が不足している場合であっても使うことができるようなサービスを提供する企業が現れそうなものなのですが、もしも借り越しという形をとることができれば、クレジットカードや、あるいは融資と同じようなものと扱われるために、現行の法律の下では難しいと考えられます。

これを補完する機能としてオートチャージがあります。残高が一定額を下回った場合には、金融機関の口座などから自動的にチャージが行われます。こうすることによって、使いたいときに残高不足になるという状況を回避することができて便利です。

オートチャージを利用するためには、事前に登録や設定が必要となります。支払い方法を設定することも必要となりますし、一度に入金する金額を事前に登録しておくことも必要となります。
残高が少なくなると、設定しておいた金額が自動的にチャージされますから、残高が不足する度にチャージの手続きをとらなくて良いというメリットがあります。また、1日の利用限度額や1ヶ月の利用限度額を設定できる場合もありますから、使いすぎる心肺もありません。

電子マネーのオートチャージを利用するためにはクレジットカードが必要となる場合が多いです。クレジットカードでチャージをして、そしてその代金がクレジットカード会社から請求されるという形をとるのが一般的です。
他にも、銀行からの引き落としで利用できるものもありますが、どちらかというとあまり多くはありません。電子マネーの中にはクレジットカードと一体型のものが多くありますが、その理由は決済の手段として用いるためです。

銀行口座から直接引き落としになるものもありますが、系列の銀行の口座を指定sなければならないなどの制約もありますから、電子マネーの携帯としては、それほど多くはありません。